宅建試験に独学で一発合格した勉強法

宅建試験,勉強法,学習法,独学,参考書,通信講座,合格ライン,難易度,過去問

権利関係

 

分類として権利関係とされていますが

 

具体的には、民法、借地借家法、建物区分所有法、不動産登記法

 

などの法律が問題に宅建試験で問われます。

 

 

問題数は、50問中14〜16問ぐらい出ます。

 

7割以上の正解を目指しましょう。

 

 

4つの法律の中で民法が重要です。

 

問題数としては、10問ほど出題されます。

 

 

民法の特徴としては、

 

日常生活には出てこない独特の言葉が、

 

法律用語として出てくることです。

 

 

そして、民法の条文数は、1000条もあるということでしょう。

 

条文数は気にしないで下さい。

 

 

宅建試験での民法は出る個所は限られています。

 

テキストに書いてあることだけを勉強しましょう。

 

 

学習するにあたって、初めてテキストを読んだ時は

 

理解できず戸惑うかもしれませんが、一つ一つ理解していきましょう。

 

 

民法は過去問を解くだけでは、

 

正解できない問題が出ることがあります。

 

民法の論点の詳細な内容が出る可能性があるでしょう。

 

 

これらの問題を解こうと思うなら、

 

用語の意味をしっかりおさえ、

 

基本的事項を確実に理解することです。

 

 

理解に重点をおいて学習を進めていきましょう。

 

そうすることで応用力がつき、

 

宅建試験の本番で難問に出くわしても

 

正解への可能性が高まるでしょう。

 

 

理解中心の学習は、7割を確実に得点するために

 

8割9割を目指す勉強法です。

 

宅建試験での基本は、過去問を中心とした学習です。

 

 

権利関係での民法以外の法律も例外ではありません。

 

過去問をこなすことで学習を進めていきます。

 

 

7割は過去問でしっかりおさえ、

 

理解中心の学習で9割目指しましょう。

 


FX Online Japanとは