宅建試験に独学で一発合格した勉強法

宅建試験,勉強法,学習法,独学,参考書,通信講座,合格ライン,難易度,過去問

宅建の受験費用

 

まず、宅建試験を受ける人に共通にかかるのが受験費用です。

 

宅建試験の受験料は7,000円になっています。

 

 

これは受験を申し込む人、全員にかかる費用ですが

 

通学、通信、独学のどの方法を選ぶかによって、

 

受験対策にかかる費用は全く違ったものになってしまいます。

 

 

資格学校

 

 

資格学校は他の通信、独学に比べると

 

高額な出費が必要になります。

 

 

目安としては、最低でも8万円以上、

 

だいたい10万円以上は見込んでいた方がいいでしょう。

 

 

お金に余裕があり自分で学習計画を立てられない人には、

 

必要な出費だと思います。

 

 

教材、学習計画、学習スペース、講師や合格ノウハウまで

 

そろっているのでそれぐらいの出費にはなるでしょう。

 

 

通信

 

 

通信講座は、資格学校に比べると比較的安くなります。

 

安くても3万円以上、相場は5〜7万円ぐらいでしょう。

 

 

どのような教材が送られてくるか分かりませんが、

 

だいたいの通信講座では、ネット上に数ページの教材の公開をしています。

 

 

通信講座で学習しようと思っている人は、

 

その数ページを参考に決めてください。

 

 

独学

 

 

独学は基本的に教材の代金しかかかりません。

 

宅建は多くの人が受験する試験なので、

 

大型書店で資格試験の書棚の前に立てば、

 

かなりのスペースで多くの出版社の本が販売されているでしょう。

 

 

基本テキスト、過去問、試験対策問題集とありますが、

 

全て一冊づつそろえても1万円以下でそろうでしょう。

 

 

それに全て一回でそろえなくてもいいですから、

 

必要なタイミングで購入すればいいでしょう。

 

 

お金をかけたくないが、合格したいという人にはぴったりです。

 

費用と時間と両方を考えて決めましょう。

 


FX Online Japanとは