宅建試験に独学で一発合格した勉強法

宅建試験,勉強法,学習法,独学,参考書,通信講座,合格ライン,難易度,過去問

宅建の勉強方法

 

資格試験には、大きく分けて資格学校、通信教育、独学と

 

大きく分けて、3つに分類できます。

 

 

それぞれ、メリットもあれば、デメリットもあります

 

あなたは、それぞれの勉強方法の

 

長所と短所を考えて決めてください。

 

 

具体的な特徴を考えていきましょう。

 

まずは資格学校についてですが、

 

長年、宅建について研究しているわけですから、

 

過去問に精通しているし、勉強範囲など

 

豊富な試験についての知識があります。

 

 

そして、授業で理解できないところがあれば、

 

すぐ質問して解決できることもいいことでしょう。

 

 

ただ資格学校は、他の勉強方法より

 

費用がかかるという点がネックでしょう。

 

 

それに加えて通学の時間も、考慮すべき点でしょう。

 

会社や学校の近くに通える場所があるか見てみましょう。

 

 

次に通信教育ですが、

 

資格学校よりも比較的費用も安く、

 

時間がかかりますが疑問が解決ができるということです。

 

 

それに授業時間に縛られず自分のペースで

 

学習を進められる点が良いところでしょう。

 

 

自分のペースという点を考えてみましょう。

 

あなたが自己管理できる人なら問題ないですが、

 

強制力がないと勉強できない人なら問題となるでしょう。

 

 

通学、通信どちらでも

 

宅建試験は学生時代の勉強ではありません。

 

 

他人から強制されて勉強するわけではないので、

 

自己管理や合格への意志が必要になります。

 

 

あなた自身はどちらがあってるでしょうか。

 

あなたの性格や学生時代の勉強方法など考えて決めて下さい。

 


FX Online Japanとは