宅建試験に独学で一発合格した勉強法

宅建試験,勉強法,学習法,独学,参考書,通信講座,合格ライン,難易度,過去問

宅建試験の難易度はどれくらい?

 

宅建試験の難易度に関する答えですね。

 

ズバリ言うなら、勉強すれば普通に合格する試験です。

 

 

知りたいのは、どれだけ勉強すればいいのかってことですか?

 

それは計画性を持って、毎日コツコツ勉強すればいいだけです。

 

 

合格するのはあくまで、宅建試験ですよね。

 

最難関と言われる司法試験や公認会計士試験じゃないんです。

 

 

試験数は50問で、毎年似通った問題が出ています。

 

試験2週間前までに、テキストを理解して

 

過去問をある程度こなしていれば、

 

合格の可能性は間違いなくありますよ。

 

 

気になる宅建試験の合格率は、15〜18%で推移していて、

 

合格者は毎年三万人ぐらい出ます。

 

 

旧司法試験や公認会計士と比べれば、

 

当然難易度はグッット低くなります。

 

 

勉強すれば普通に合格するって意味がわかりましたか?

 

 

具体的な難易度ですが、50問のうち7割と少し、

 

36問正解を目指すのが合格の目安でしょう。

 

 

間違っても全問正解なんて目指さないで下さいね。

 

試験合格が目標で、そのためには36問でいいんですよ。

 

 

宅建試験は、あなたの生活に広く深くかかわる法律ですから

 

大変興味ぶかいですし、宅建試験での知識は、生活するうえで大変役に立ちます。

 

 

勉強のための勉強や個別具体的な法律の勉強は、

 

試験に合格してからしましょう。

 

まずは宅建に合格を目指しましょう!

 


FX Online Japanとは