宅建試験,勉強法,学習法,独学,参考書,通信講座,合格ライン,難易度,過去問

宅建試験まで時間がありません・・・どうしたらいいでしょうか?

 

どれぐらい時間が足らないかは、

 

人それぞれだと思うので一般的な話をしましょう。

 

 

時間がないなら、過去問の攻略を最優先に考えましょう。

 

宅建試験は、過去問によく似た問題が繰り返し出題されます。

 

 

過去問をするのはわかるが、どうすれば効率的か?

 

やみくもにやっても効率が悪いので、

 

二つの方針で進めていきましょう。

 

 

一つはどの分野が多く出題されるかで重点を決めます。

 

具体的には、以下が出題数の順番になります。

 

宅建業法:20問

 

権利関係:14問  

 

法令上の制限:8問

 

その他:8問

 

 

それに自分の弱点を考える。

 

時間がないということですから、

 

手のつけていない分野があるならそれも考て下さい。

 

 

宅建業法が一番出題されるわけですから、

 

もし何も手をつけていないなら、

 

何をおいてもまず宅建業法に取り掛かりましょう。

 

 

逆にその他の分野が手をつけていない分野としても、

 

それ以外の分野に弱点があるなら、その他の分野を放って置いて、

 

弱点克服に時間を当てるのも一つの考えでしょう。

 

 

どれをすれば宅建試験本番で、

 

より多く得点できるかを考えて学習しましょう。

 


FX Online Japanとは