宅建試験に独学で一発合格した勉強法

宅建試験,勉強法,学習法,独学,参考書,通信講座,合格ライン,難易度,過去問

資格取得までの費用を詳しく知りたい!

 

宅地建物取引主任者試験を受験して、

 

主任者証の交付をされるまでには、

 

手数料等が必要となってきます。

 

 

受験料:7,000円

 

登録実務講習:25,000円

 

登録申請手数料:37,000円

 

主任者証交付申請手数料:4,500円

 

 

合計:73,500円

 

※それぞれの都道府県や実務講習機関によって費用が変わります。

 

 

不動産関係に勤めていて二年以上の実務経験がある人は、

 

実務講習料25,000円は必要ではないですし、

 

主任者証交付まで必要ない人は交付申請手数料4,500円はいらないです。

 

あなたの事情に合わせて計算してください。

 

 

これらの絶対必要な費用に加えて、

 

独学、通信学習、資格スクールにかかる費用がかかります。

 

 

独学の費用は、テキスト、過去問の教材費を

 

10,000円と考えて、合計で83,500円となります。

 

 

通信学習は、50,000円と考えて、

 

合計で123,500円となります。

 

 

資格スクールは、100,000円と考えて、

 

合計で173,500円となります。

 

 

通信学習や資格スクールは、合計で十万円を超える費用が

 

必要となりますが、一括で支払うのではありません。

 

 

分割で支払うこともできますし、

 

実務講習等の費用もその場面で必要になるだけです。

 

 

受験を決めた4月や5月に必要なわけではないので、

 

合計金額を見て驚いて受験をためらわないでくださいね。

 


FX Online Japanとは