宅建試験に独学で一発合格した勉強法

宅建試験,勉強法,学習法,独学,参考書,通信講座,合格ライン,難易度,過去問

宅建の資格ってどう役に立つの?

 

宅地建物取引主任者という資格が役立つ場面は、

 

直接的には、不動産関連の業界に就職する時です。

 

 

宅建業法を勉強すればよくわかるでしょうが、

 

宅地建物取引主任者の資格が、不動産の取引の場面で

 

重要事項説明という主任者しかできない法律行為をします。

 

 

これは独占業務と言って宅建主任者しかできない行為です。

 

どこの不動産会社でも宅建の資格所有者は必要とされています。

 

 

その他に直接的に役立つことは、残念ながら少ないでしょう。

 

履歴書にはしっかり宅建試験合格と記入できますので、

 

法律の知識があることの証明にはなります。

 

 

法律知識があるという点を面接で考慮してもらえるなら

 

役に立つと言えるでしょう。

 

 

宅建試験を役に立てようと思うなら、

 

あなたの頑張り次第でしょう。

 

 

役に立てる方法は、いくらでもあります。

 

宅建で学習した知識は生活の中で役に立ちますし、

 

他の資格の取得にも役立ちます。

 

 

あなたは、宅建でどのようなことを学習しましたか、

 

もしくは、するのでしょうか。

 

 

権利関係の学習では、保証債務、抵当権、不動産登記法

 

借地借家法等のこれからあなたが生活していくうえで、

 

必ずついて回る債権債務の問題が試験の学習を通して身につきます。

 

 

債権債務の問題は、あなたが必要な時、宅建試験での知識をいかして、

 

図書館や書店で専門的な本を効率的に読むことができるでしょう。

 

 

より実際的には、他の資格の取得に役立つでしょう。

 

民法の勉強は、行政書士、司法書士などの

 

法律系の資格で役に立ちます。

 

 

法令上の制限の不動産関連の法律は、

 

難関国家資格である不動産鑑定士や

 

マンション管理士、管理業務主任者等の資格に役立ちます。

 

 

そして、宅建で習得した学習計画の立て方や勉強の進め方などの

 

学習方法はどの資格の取得にも役立つでしょう。

 

是非、宅建での知識、学習をいかしていきましょう。

 


FX Online Japanとは