宅建試験に独学で一発合格した勉強法

宅建試験,勉強法,学習法,独学,参考書,通信講座,合格ライン,難易度,過去問

法律系の資格

 

行政書士

 

 

宅建試験の後、取得を考える法律系の資格は、

 

行政書士が人気があります。

 

 

行政書士試験は、民法、行政法、商法、憲法など

 

主に4つの法律で構成されています。

 

 

この中で民法は宅建試験で学習しましたが、

 

行政書士試験の民法とは少し違っています。

 

 

行政書士の民法は、宅建の時と違って

 

より詳しく、より広く勉強していきます。

 

 

宅建試験で法律の勉強の仕方を学んだわけですから、

 

その方法を行政書士の学習に活かしてみましょう。

 

 

司法書士

 

 

司法書士と宅建業での関わりとしては、

 

不動産などの登記での場面になります。

 

 

宅建業で独立などを考えているなら、

 

司法書士の資格と合わせて土地建物の売買から登記まで、

 

一貫してサービスを提供できるようになります。

 

 

しかし、司法書士試験の難易度は、

 

司法試験に次ぐ難関資格と言えます。

 

合格率はおよそ3%前後ぐらいです。

 

 

試験科目は民法など同じ科目もありますが、

 

司法書士試験の前では少しかじった程度で、

 

再び学習するという気持ちの方がいいでしょう。

 

 

司法書士試験は宅建とは違い、

 

独学では非常に難しいでしょう。

 

資格スクールで勉強した方が無理がないでしょう。

 


FX Online Japanとは