宅建試験に独学で一発合格した勉強法

宅建試験,勉強法,学習法,独学,参考書,通信講座,合格ライン,難易度,過去問

登録実務者講習

 

登録実務講習とは、宅建試験の合格者が

 

宅建主任者証の交付を受けるために、

 

実務経験2年のかわりに受ける講習です。

 

 

不動産流通近代化センターが主な実施機関ですが、

 

最近は実施機関も多様化して色々な場所で実施されているようです。

 

 

登録実務講習の案内は、

 

合格発表の時に送られる合格証書に同封されています。

 

 

価格にも差があるみたいなので、

 

ネットなどで調べて決めましょう。

 

 

実施機関が違っても、特別に内容などに違いはないので、

 

神経質になって選ばなくても良いでしょう。

 

 

受講内容の方は通信講座とスクリーニングと呼ばれる

 

演習の2つになっています。

 

 

通信講座とスクリーニングを全て受講して、

 

登録実務講習修了試験に合格します。

 

 

そして、修了証を受け、都道府県知事に登録して

 

晴れて「宅地建物取引主任者資格者」です。

 

 

講習の修了だけでは資格者ではないですし、

 

修了証の有効期限もあるので、

 

講習を受講したなら登録まで一気にしてしまいましょう。

 

資格者になれば、宅建試験合格者と同じで一生有効です。

 

 

修了試験についてですが、

 

通信講座とスクリーニングをしっかり受講すれば、

 

宅建試験合格からブランクがあっても大丈夫です。

 

 

問題はスクリーニングを一回でも欠席すれば、

 

修了試験の受験資格がなくなるということでしょう。

 

それだけが気をつけることです。

 


FX Online Japanとは