宅建試験に独学で一発合格した勉強法

宅建試験,勉強法,学習法,独学,参考書,通信講座,合格ライン,難易度,過去問

宅建の試験科目

 

宅建試験は、四肢択一式マークシートで、

 

全部で50問出題されます。

 

 

大きく分けて5つの科目で、構成されていて

 

権利関係、法令上の制限、宅地建物取引業法、

 

税その他、5問免除対象科目です。

 

 

税その他以外は、全て法律に関する問題で

 

その意味で宅建試験は、法律の資格と言えます。

 

 

簡単に説明すると、権利関係は民法、借地借家法、

 

建物区分所有法、不動産登記法等が問われます。

 

 

あなたの生活全般に関わる権利・義務関係を決める、民法

 

土地や家の貸し借りの細かな部分を決める、借地借家法

 

マンションに関する取り決めについての、建物区分所有法

 

不動産の所有権の決定について定めた、不動産登記法が問題に出ます。

 

 

法令上の制限は、主なものは、都市計画法、建築基準法、

 

国土利用計画法、農地法、土地区画整理法などの問題が出ます。

 

 

この分野は、どの場所にどのような建物が建てられるとか、

 

例え建物が建てられても、どのぐらいの大きな建物が建てられるのか、

 

と言ったルールについての問題です。

 

 

宅地建物取引業法は、

 

宅建業を営むためのルールや違反した場合の罰則の規定、

 

宅建免許の交付、取り消しに関する法律です。

 

 

税その他は、

 

不動産取引および所有に関わる税金についての問題と、

 

不動産価格の評価基準と国や地方公共団体が

 

各々発表する不動産価格の発表方法に関する問題です。

 

 

それに加えて

 

住宅金融支援機構法という住宅購入支援に関わる法律、

 

不動産の重要と供給、不当景品類及び不当表示防止法が出題されます。

 

 

それぞれの問題数は、権利関係が14問、法令上の制限が8問、

 

宅建業法が20問、税その他が8問ぐらい例年出題されています。

 


FX Online Japanとは