宅建試験に独学で一発合格した勉強法

宅建試験,勉強法,学習法,独学,参考書,通信講座,合格ライン,難易度,過去問

宅建試験におけるテキストと過去問の相互活用

 

宅建試験でテキストと過去問を選ぶ時、

 

テキストと過去問は同じ出版社のものを選ぶべきでしょう。

 

 

過去問をこなしていくうえで、やらなければならないことは、

 

問題に正解したのか間違ったのか、

 

記録を残さなければいけません。

 

 

もし記録を残さないと、後で振り返る時に

 

その問題が理解できているかどうかわからないからです。

 

 

何回も間違えている問題なら、

 

弱点対策として試験直前に重点的に取り組みましょう。

 

 

正解が連続しているなら、

 

試験直前には目を通すぐらいの確認でいいでしょう。

 

 

もう一つやるべきことは、

 

問題の解説に該当するテキストのページを書き込むということです。

 

 

解説の空白部分にテキストのページ数を書き込んでいれば、

 

テキストの適切な場所を素早く探しだせて、

 

しかも気になる周辺知識もすぐに参照できるというわけです。

 

 

過去問にテキストのページを書き込んだら、

 

逆にテキストにも過去問のページ数を書き込んで下さい。

 

 

こうすれば過去問とテキスト、両方にどちらを見ても参照できる

 

あなただけの教材ができあがります。

 

 

この二つの事をやっておけば、

 

宅建試験の直前対策は大変に楽になるでしょう。

 

 

弱点は過去問のあなたの記録からたどり、

 

解説でテキストの該当ページを確認する。

 

 

得意な分野は空き時間にテキストを読んでみて、

 

たまに書き込まれた過去問のページで問題を解いてみる。

 

 

初めは邪魔くさいかもしれません。

 

でも、後々絶対役に立ちます。

 

あなたも是非やってみて下さい。

 


FX Online Japanとは