宅建試験に独学で一発合格した勉強法

宅建試験,勉強法,学習法,独学,参考書,通信講座,合格ライン,難易度,過去問

宅建試験における過去問の使い方

 

宅建試験では、過去問をマスターすることが重要になってきます。

 

とにかく、数多く繰り返すことが、宅建試験に合格する近道になるでしょう。

 

 

宅建試験におけるテキストの使い方」の項目でも書いたとおり、

 

まずはテキストでおおよその部分をつかんで、

 

過去問を繰り返すようにしましょう。

 

 

そして、知識の定着は過去問でしましょう。

 

過去問で知識の定着を図る上でのポイントは、

 

問題を読んで、とにかく答を選んで解説をよく読むことです。

 

 

その時に解説をテキストの該当部分を読んで確認する方が、

 

よりよく知識が定着するでしょう。

 

その繰り返しで知識をより確かなものにしていきましょう。

 

 

過去問の進め方は、一つの単元やあなたの思う一区切りを一分野として、

 

テキストで概略を理解して過去問に取り掛かってください。

 

 

一つの分野の区切りとしては、

 

長すぎるよりは、短い方がいいでしょう。

 

 

テキストは概略を覚えて過去問に取り掛かるわけですが、

 

テキストで覚えた知識が新鮮なうちに過去問をする方が、

 

知識はより定着するでしょう。

 

 

ここで重要なポイントが一つあります。

 

それは多くの過去問には、問題の重要度が書かれています。

 

その重要度を基準に解説の読み込み方を変えるということです。

 

 

重要度が高い問題は正解の選択肢だけでなく、

 

その他の選択肢についてもなぜ間違いなのか、

 

どこの言葉を変えると正解なのかといった、

 

このように細かいところまで理解していきましょう。

 

 

最初からできなくてもいいので、回数をこなしていくうえで

 

出来るようになりましょう。

 

最低でも宅建試験の一ヶ月前までに出来るようにしましょう。

 


FX Online Japanとは