宅建試験に独学で一発合格した勉強法

宅建試験,勉強法,学習法,独学,参考書,通信講座,合格ライン,難易度,過去問

宅建では、どういった勉強法が有利?

 

宅建試験において、有利な勉強法があります。

 

それは、過去問を多くこなしてマスターすることです。

 

 

宅建試験では、過去問が非常に重要になります。

 

宅建試験は過去に問われた問題に、

 

少し変更を加えただけのような問題が出題されます。

 

 

ですので、あなたの持っている過去問のページ数や項目数で、

 

学習計画を立てるのがお勧めです。

 

 

まず過去問の目次のページを開いて、

 

それぞれの項目を見てください。

 

それをノートや手帳に書き写しましょう。

 

 

目次のページがない過去問をお持ちの方は、

 

ページをめくってそれぞれの見出しの項目を書き出して下さい。

 

 

少し手間のかかる作業ですが、

 

その手間があなたの宅建試験合格への助けになります。

 

 

書き写した項目のリスト。

 

それがあなたが試験当日までに学習すべき項目です。

 

 

書き写した項目リストは、何枚かコピーしてください。

 

やり終えた項目を赤線で消していくためです。

 

 

赤線で消していくと、徐々に赤線で埋め尽くされ、

 

達成感でモチベーションアップにもなりますよ。

 

 

項目の数を見て学習の計画を立てて下さい。

 

最低でも、試験1ヶ月前までに過去問を5回転させるように

 

計画を立てるようにして下さい。

 

 

試験前の1ヶ月間は弱点潰しに使う時間です。

 

最初の時点での学習進度は遅いので、

 

1回転目はだいたいの計画でいいでしょう。

 

 

2回転目以降は、しっかりした

 

1週間単位のスケジュールを作りましょう。

 

 

とにかく無理のない計画を立てましょう。

 

例えば、予備日がある余裕のある計画で1ヶ月前には、

 

弱点対策に時間を当てられるような計画を立てましょう。

 

 

資格取得は、自己管理の絶好の訓練です。

 

是非、自己研鑽のためにも頑張って下さい。

 


FX Online Japanとは