宅建試験に独学で一発合格した勉強法

宅建試験,勉強法,学習法,独学,参考書,通信講座,合格ライン,難易度,過去問

税、その他

 

税その他という科目は、

 

学習範囲が広い割に出題数は8問です。

 

宅建業法とは、真逆と言えます。

 

 

税その他が出来るかどうかで、

 

試験直前の合格への自信に関わってくるでしょう。

 

 

権利関係、法令上の制限、宅建業法、

 

これらの科目は受験生みんなが学習して、

 

試験本番でも得点を獲得します。

 

 

しかし、税その他は学習するうえで後回しにして、

 

本番直前にあわてて気休め程度の対策をすることになります。

 

 

あなたは、そういったことがないように

 

税その他も学習計画の中に入れて、

 

宅建試験の本番に余裕を持って挑んで下さい。

 

 

税その他は、どういった問題が出るかわかりにくいので

 

非常に学習効率が悪いです。

 

と言っても、やらずに済ますことはできません。

 

 

まずは税金について。

 

国税と地方税に分かれていて、

 

登録免許税は所得税と印紙税(国税)

 

固定資産税は不動産取得税(地方税)に分類されます。

 

これらの税金は、不動産取引や所有に関わる税金です。

 

 

そして、その他の部分ですが、

 

地価公示法、不動産鑑定評価基準、不動産の需給、

 

統計、不当景表法、土地、建物と多岐に渡っています。

 

 

テキストや過去問の出題頻度や重要度の表記を見ながら、

 

高いものから順番に学習を進めていきます。

 

 

難易度の非常に高いものからやさしい問題まで、

 

問題の難易度も幅が広いです。

 

 

専門家でないと答えられないような問題も出題されます。

 

しかし、そのような問題は大半の受験生も解けません。

 

 

ですから、難問が出てもあわてる必要はありません。

 

逆にやさしい問題は確実に正答できるようにしましょう。

 


FX Online Japanとは