宅建試験に独学で一発合格した勉強法

宅建試験,勉強法,学習法,独学,参考書,通信講座,合格ライン,難易度,過去問

宅地建物取引業法

 

宅地建物取引業法は、宅建試験での最重要科目になります。

 

宅建業法を得点源にできるか、できないかで

 

合格、不合格の分かれ目になるでしょう。

 

 

理由は二つあります。

 

まず出題数の多さです。

 

 

近年、宅建業法の問題数は増加して

 

20問前後出題されています。

 

 

そして、受験生全体の正答率の高さです。

 

この理由は出題数が多いから受験生が頑張って、

 

多くを正答することが根本にあるかもしれませんが、

 

出題数が多く、他の受験生の正答率が高い、

 

これだけで絶対取りこぼしできない科目になりますね。

 

 

あなたは、10割を目指しましょう。

 

決して冗談じゃないですよ。

 

最低でも8割です。

 

 

宅建業法は範囲が限定されています。

 

一つの法律だけですし、

 

宅建業法の条文の数も少ないです。

 

 

100条にも満たないですし、

 

その中でも出る箇所は限られています。

 

 

まずはテキストを2,3回目を通し、

 

すぐに過去問を解き始めましょう。

 

 

過去問をやっていると、

 

法律の詳細な箇所を問う問題が出てきます。

 

そういったことは、テキストでチェックしながら覚えましょう。

 

 

過去問を解いて解説を読む、そしてテキストをチェックする。

 

それをひたすら繰り返して下さい。

 

 

そして、過去問は正解の選択肢はもちろん

 

間違っている肢も、なぜ間違っているかも

 

理解できるようにしましょう。

 

そこまでやって過去問は完璧と言えます。

 

 

とにかく宅建業法は、得点の波が出にくい科目です。

 

宅建試験の本番では、他の科目が調子が悪くとも

 

宅建業法でカバーして取り返さなくてはダメです。

 

 

10割を正答するのは、不可能ではありません。

 

頑張って下さい。

 


FX Online Japanとは