宅建試験に独学で一発合格した勉強法

宅建試験,勉強法,学習法,独学,参考書,通信講座,合格ライン,難易度,過去問

宅建の試験内容

 

宅建試験(宅地建物取引主任者試験)とは不動産取引の場面で、

 

取引の相手方に土地・建物の重要事項の説明を行うなど

 

不動産取引に関係する資格試験になります。

 

 

宅地建物取引業法は、宅地建物の取引を公正に行うための法律で

 

いわば、不動産取引のプロと素人の格差を解消するための法律です。

 

 

考えてみてください。

 

大多数の人にとっては、人生で一回かもしれないマイホームの購入を

 

内容もわからず購入なんてできない話ですね。

 

宅建は、消費者にとって、とても大切な資格です。

 

 

あなたのまわりに不動産業界の人がいるなら

 

尋ねてみてください。

 

 

きっと会社から「宅建の試験に合格するよう」に

 

業務命令のように言われていますよ。

 

 

宅建は不動産業界で働くには必須の資格です。

 

 

何故なら、宅地建物取引主任者は

 

各事務所ごとに五分の一以上必要で

 

もし条件が満たせないなら、

 

その会社は不動産取引ができないのです。

 

 

宅建の資格としての魅力は、

 

国家資格であり、法律系資格の第一歩で

 

毎年大人数の人がチャレンジする、ということです。

 

 

宅建試験は、民法や借地借家法など

 

生活に密接にかかわる法律が科目に含まれており

 

役立つ知識が身につき、勉強としても魅力的ですよ。

 

 

受験資格は特になく、

 

年齢、性別、学歴、国籍による制限もないですし、

 

取得を考えるなら是非チャレンジして下さい。

 


FX Online Japanとは